2013年08月27日

ニキビに効く成分!

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

前回の記事でお話したように、
普段使いのスキンケア商品には、自分にあった成分が配合してあるかが
非常に重要になってきます。

大人のニキビに悩んでいるあなた、今回はそんなあなたに
「ニキビに効く」成分をお教えします。

広告や成分表記をみて確かめてください。


■イオウ

温泉にも含まれるイオウ。独特の臭いが特徴で、これが配合された
洗顔料やニキビに塗布するジェルなど良く見かけますね。
炎症を抑えたり、角質柔軟にする作用があり、ピーリング効果があります。


■サリチル酸

こちらも角質を柔軟にする作用があるそうです。
医薬部外品として抗フケや育毛剤にも配合されています。
化粧品への配合は0.2%までしか認可されていないそうで、ちょっときつい成分なんですかね。
予防したい場合は「化粧品」の方が肌への刺激が少ないので良いと思いますし、
効果を出したい場合は、病院で処方してもらうのがいいでしょう。


続きは後半で♪

【 スポンサード リンク 】


↓↓↓後半はこちら♪

■ビタミンC誘導体

そのままでは吸収されにくい化粧品のビタミンCを、
最新保湿型・安定型でお肌に吸収されやすい形に変えたものです。
強い抗酸化力で美肌の大敵「活性酸素」の発生を抑え、皮膚の抗酸化作用を高めます。
メラニン色素の生成を抑制しさらに新陳代謝を高めて、
ニキビ以外にもシミやくすみの改善に効果が期待されます。
濃度の高いもののほうが効果もありますが、刺激も強いのでお肌の状況にあわせて使用してください。
 ・リン酸アスコルビルNa
 ・リン酸アスコルビルMg
 ・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
 ・パルミチン酸アスコルビル
という名前で成分表記されます。


■フラーレン

ビタミンCの125倍の抗酸化作用があるといわれる成分です。
美白や引き締め・老化防止にも効果があると言われています。

通常のフラーレンは水に全く溶けないため、
そのまま化粧品成分として配合することは非常に難しかったそう。
研究を重ね、安全に化粧品に配合できたものには「ラジカルスポンジマーク」というものが
ついているそうです。
効果の高い成分には、副作用や毒性なんかも噂されますから、
このマークのあるものを選んで使うというのが
安心かもしれませんね。


■ベンゾイルパーオキシド

耳なじみがないですね。
ベンゾイルパーオキシド(別名、過酸化ベンゾイル)は、
数日でニキビを治してしまうという、すごい抗アクネ作用があるそうです。
しかし、日本ではスキンケア用品に使用が許可されていない成分なのです。
海外、アメリカでは有名なニキビ用成分です。

日本では病院で処方してもらえるので、使ってみたい人は相談してみるといいと思います。


少しずつ試してみて、自分の肌にぴったりの成分を見つけ
ニキビ知らずの肌になっちゃいましょ!!


☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・男性受けのいい素敵メイク?5つのポイント

・メイク直しに万能なティッシュの使い方?

・「飲むサラダ」と称されるアンチエイジング効果抜群のドリンクとは!?

・ストレス解消5つのポイント!お疲れ女子→余裕のあるステキ女子になる秘訣?!

・女子の贅沢?バスタイムで癒されましょ?5つの気分に合わせた入浴剤のえらびかた!

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 09:37| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化粧品の成分表示のチェックの仕方!

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

年齢を重ねていくと、自分の肌に合った、
よりアンチエイジングに有効な成分が配合されている化粧品の
見極めが大事になってきますよね。

そんな時、気をつけてほしいのは、裏の成分表示。
商品の広告やシールには、「配合!」と でかでか書いてあるのに、
裏の成分表示をみてみると、かなり下の方に表記してある…
これってどういうことなのかしら。。。

また、医薬部外品という表示されている化粧品をよく見かけます。
いかにも効き目がありそうですよねノ
この「医薬部外品」とはどんなものなのでしょうか??


■医薬部外品とは
「医薬部外品」は医薬品と化粧品のちょうど真ん中に位置するもの。
医薬的な効果がある程度認められているものとして、認可された成分を化粧品に使用した場合、
「医薬部外品」の表示がつきます。
化粧品にその成分が入っていると、「医薬部外品」となるということです。
しかし、「薬用」を使い続けて、成分が強すぎて逆効果なんてこともありますし、
選び方は考えたいところ。
自分の肌トラブルにあわせて選ぶことが重要なのです。


■成分表示とは
現在は、化粧品も医薬部外品も全成分表示が義務付けられています。
品質や安全性をわかりやくするためなのです。

ただ、化粧品と医薬部外品では表記の仕方が違うらしいので、ここは要注意です…↓↓


続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】


↓↓↓後半はこちら♪


■化粧品の成分表示の見方
★配合量の多い順番に記載されています。
1%以下の配合量のものは順不同ですので、例のように下の方に名前がある成分は
かなり配合量が少ないということですね

★香料はひとつの表記でOK
香料はまとめて「香料」と表記されてもOKなので、そのようになっているかもしれません。

★表記の場所
化粧品が直接入っている容器や箱といった、購入する消費者にとって
わかりやすい場所に表記する必要がありますが、
容器や箱が小さい場合は特例で、外箱やディスプレイカードを使って表示してもOKなのだそうです。 

■医薬部外品の成分表示

★強調したい成分を前にかいてもOK
ここは重要!「医薬部外品」だと強調したい成分を先にもってこれるので、
化粧品と同じように成分表示をみても分からないようです。。。

★化粧品とは表示名が違う成分もあるのです
パラベンは、それぞれ分けて表示される防腐剤ですが、
医薬部外品では、パラベンをひとくくりにした名称の「パラオキシン安息香酸エステル」と表記してもOKなんです。
パラベンと一緒とは思えないですね


■医薬部外品と化粧品についてのまとめ

@ 医薬部外品は化粧品より毒性の強いのものを配合できるということです

A 医薬部外品は、成分表示が配合量の多い順にされないので
  消費者が避けたいとおもっている成分の配合量がわからない分、危険性、デメリットがあります。
  その点、化粧品の方が安全性は高いといえます。

B 医薬部外品では表示名を変える事ができるので、消費者が気付かない場合も有ります。


効果があると思いやすい「医薬部外品」…
まだまだ勉強することがありそうですノまた続報もお届けしますね!

成分表示をなるべくチェックして、自分にあったものを選んでいきましょう。


☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・香りを恋の味方につける!香水とシャンプーのマル秘テクニック?

・メイクに使う○○実はばい菌だらけだった?!正しいケアの秘訣とは!

・保湿&アロマで女子力UP?ハンドクリームの選びかた&塗りかた?

・【前篇】今日から変われる!凛と輝く女性になるための八ケ条?

・ダイエット中は気を付けて!太りやすい飲みもの5つ

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 09:35| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

髪と頭皮を正しく洗ってたるみ防止!

【 スポンサード リンク 】



【髪と頭皮を正しく洗ってたるみ防止!】


こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

あなたは髪の毛に自信がありますか?

最近様々なエステでも頭皮コースがありますが、
実は顔のたるみ防止には頭皮ケアが非常に効果的なのです!!

なぜかというと、
「頭皮と顔は皮膚一枚でつながっているから」。
頭皮が健康でキュッと上に引きあがれば、顔の皮膚も上にあがるのです★

頭皮トラブル(かゆみ・フケ・臭い)が気になる方もこちらで、いつものシャンプーを見直してみましょう!

では、毎日のヘアケアでのポイントを確認してみましょう。


@シャンプー前の予洗いが重要!

髪がぬれていない状態で、シャンプーを始めると
摩擦で髪が傷んだり、髪の芯までシャンプーが入ってしまい代わりに必要な栄養分が出てしまったりと、
髪にも頭皮にもマイナスなことがたくさんノ

「40度前後のお湯で3〜5分、予洗いしてからのシャンプー」を徹底してみてください。
この予洗いで汚れの70%は落ちてしまうそうですよ。



A泡立ててから洗う!

シャンプー剤を泡立てずにそのままつけている方ノこちらも頭皮トラブルの原因になりますよ。
洗顔のときに洗顔料をしっかり泡立てて洗うように、シャンプー剤もしっかり泡立ててから
髪につけるようにしてください。


続きは後半で♪

【 スポンサード リンク 】


↓↓↓後半はこちら♪

B泡で髪を包み込み、指の腹をつかって頭皮をマッサージ!

指の腹を使ってやさしくマッサージするように洗ってください。
髪の長い方は、一度目のシャンプーで髪を泡でやさしく洗髪、二度目のシャンプーで頭皮マッサージなどすると
良いと思います。



Cおでこの生え際からすすぐ!

すすぎはおでこの生え際からすすぐようにしましょう。
耳の後ろや首などの洗い残しには注意してください。
トリートメント剤を使う場合は、なるべく顔や頭皮にはつかないように気をつけて塗布してください。



D洗髪がおわったらタオルでまく!

洗髪後、軽く水をきったら、くるりと頭をタオルでまいてしまいましょう。
ゴシゴシと髪をこするとキューティクル損傷の原因にも。
塗れている髪は傷みやすいので注意です。

しばらくしたら、タオルを裏返して再度まくノするとタオルドライだけでも
かなり髪の毛の水分がとれていることが感じられますよ。

この毎日のケアで、気になる髪/頭皮トラブルが気にならなくなるかも!
がんばっていきましょう!


☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・目も日焼け対策が必要?似合うサングラスの選びかた?

・もう小鼻の角栓も黒ずみに悩まない!今日から実践したい3つのポイント?

・あなたの寝相は大丈夫???知っておきたいあなたの寝相のメリット&デメリット

・今やるべき!ほうれい線対策☆

・夏にNGな髪の洗い方とは

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 09:33| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。