2013年11月13日

ヘアアレンジ後のギシギシをなんとかしたい!

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

今流行の編込みアレンジ、また巻き髪・アップスタイルなど、
キレイにセットしようとすると、
ワックスやスプレーなどの力を借りることが多いですよね。


私などは、髪が超ロングなので、アレンジ後髪をほどいてみると
髪が絡まって、どうしていいものやら…なんてこともしばしば。


あの状況からどうしたらすぐに、いつもの素髪に戻せるものなのでしょうか?


それにはポイントがあったのです。



■最初にトリートメント!

絡まった髪にブラシを入れて、とかそうとするのは危険!

髪に負担をかけてしまい、ますます絡まってしまうようなことにも…
てぐしでゆっくりほぐしてください。

その後、お風呂に入ったら、まずトリートメントを手に取り
うっすら髪に塗ること。

手ぐしでほどけなかった髪も簡単にほぐすことができますよ!
ぬるま湯でやさしくすすいだら、シャンプーしてあげてください。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

■ヘアアレンジした日は、二度シャンプーする


普段はお湯で洗うだけでも大抵の汚れは落ちますが、
ヘアアレンジした日は、ワックスやスプレーなどがしっかりついているので
シャンプーを二度してあげましょう!

二度目のシャンプーでは頭皮の汚れを意識して洗いましょう。


■集中ホームトリートメント


何日もコテで巻き髪をしているようだったら、ホームトリートメントもおすすめ☆
コテでの熱は、髪を傷めています。

傷みを緩和するため、スタイリング剤などつけますが、心配ですよね。

トリートメントを髪に揉みこむように塗布した後、ラップを巻いて、
さらにその上からサロンみたいにホットタオルを巻きます。

そのまま5分間浸透させましょう。その後、やさしくすすいでください。

熱で、トリートメントも髪にしっかり浸み込みます。


この方法で、アレンジした日のシャンプーも憂鬱ではありませんよ♪
健やかな髪で、アレンジを楽しみましょ!


☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・『服の色』で分かる性格と色の使い分けで自分を魅せる方法?

・毎日のバスタイムで小顔になれる効果のあるエクセサイズ3つ?

・失敗しない!似合うイヤリング・ピアスの選びかた?

・アクセサリーに愛着がわく?知っておきたいモチーフの意味?

・大人かわいい女性はバッグ整理が上手!入れておくべきバッグの中の小物たち?

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 09:39| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋冬の乾燥に負けない!注目の保湿オイル

【 スポンサード リンク 】



【秋冬の乾燥に負けない!注目の保湿オイル】


こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡


今までも、スクワランオイルやアルガンオイルなど、
美肌の強い味方になってくれるオイルが登場しましたが、
今年はまた、新しい強力なオイルたちが出てきているようです。


もう、始まっている乾燥。
その乾燥に負けないように、その大注目のオイルたちをチェックしてみましょう。





■ノニオイル


ノニとは、原産は東南アジア〜オセアニア地方といわれる熱帯低灌木で、赤道付近の環太平洋の島々に
主に多く自生しています。

その実からとった果汁が、最近よく聞く「ノニ・ジュース」ですね。

ビタミンやミネラルなど多くの栄養分を含むことが特長で、強力なフルーツとして知られます。

そのオイルも美容に非常に効果があり、シャンプー後の髪にトリートメントとして使ったり、
化粧水を塗ったあと、仕上げとして使用すると、しっとり潤いを逃しません。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

■チアシードオイル


チアシードとはメキシコ南部が原産の食材です。

ゴマに似た小さな種子で、古代から食べられていたといわれています。

食物繊維やカルシウム、鉄分、ビタミンなどを豊富に含んでいるため、
食べても体によく、塗ると保湿力が非常に高い、万能のオイルです。

まだ、なかなか聞きなれないですが、大注目です。



■ボリジオイル


ボリジは、古代から親しまれてきた美しい紫色の花です。

必須脂肪酸、ガンマリノレン酸(GLA)を大量に含むといわれています。

皮膚のバリア機能を回復し、老化やシワ予防に効果が期待できます。

アトピーや湿疹などの皮膚の炎症に効果があるとされ、治療にも使われています。

お風呂上りに、少量のオイルを肌に塗ってあげるだけで、
皮膚の炎症が抑えられます。


さて、新しい顔ぶれのオイルたちを味方につけて、乾燥しらずになりましょう。


☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・【前篇】今日から変われる!凛と輝く女性になるための八ケ条?

・ダイエット中は気を付けて!太りやすい飲みもの5つ

・食欲コントロールで成功させるダイエットの秘訣とは???

・男性受けが悪い女性のカン違いしがちなメイク4大要素!

・男性受けのいい素敵メイク?5つのポイント

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 09:30| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

毛深くなる食べ物があるなんて!

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

女性なら常に気になる、ムダ毛。
剃っても抜いても脱毛しても、もしかしたらこの食べ物のおかげで
お手入れを台無しにしてしまっているかもしれません、
そんな食べ物をご紹介します。



■濃いムダ毛になる原因

ホルモンバランスの乱れが、濃いムダ毛になってしまう理由のようです。

私たちの体には、男性ホルモンと女性モルモンがバランスよく分泌されています。
ムダ毛が多くなる時は、女性ホルモンではなく、男性ホルモン「テストステロン」の
分泌が増えてしまっているときのようです。
テストステロンの分泌量は、女性は男性の5〜10%の分泌量だといわれていますが、
このテストステロンの分泌を促してしまう食べ物が「毛深くなる食べ物」というわけですね。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

■テストステロンの分泌を促す食べ物
 
○牛肉、豚肉の赤身
 動物性たんぱく質は、テストステロンの分泌を促進します。
 中でも牛肉と豚肉の赤身には、動物性たんぱく質と亜鉛が豊富に含まれており、
 テストステロンが活発になります。

○ブロッコリー・カリフラワー・キャベツ
 こちらの野菜は、なんと女性ホルモン(エストロゲン)を減らす効果があります。
 代わりに、テストステロンが活発になるということですね。

○牡蠣
 テストステロンの生成には、亜鉛が必要!
 牡蠣には亜鉛が豊富に含まれています。

○長ネギ・ニンニク・ニラ
 これらの食物に含まれる「アリシン」には、テストステロンの働きを活発にする作用があるそうです。

まさか、食べ物がムダ毛に関係していたとは驚きですが、
これらの食べ物に気をつけるだけで、理想のムダ毛のないツルツル肌に
一歩近づけるかもしれません!
日頃の食生活で注意してみましょう。



【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 09:39| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。