2013年12月31日

間違ったコンシーラーの使い方☆

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

今回はコンシーラーの話です。
シミやニキビ跡、クマなど隠す際に、私もとってもお世話になります。
ベースを厚く塗っても、ファンデをたくさん塗っても
きれいに隠せないときは、このコンシーラーにお任せ!

でも、メイクがよれてしまったり、色のムラができてしまったり。
そんなことになってしまう方は、コンシーラーの使い方を間違っているんだそうです。

使いこなしたい!そんな方は以下の項目を要チェックです☆


●コンシーラーの目的と用途はあっていますか?
筆ペンタイプのやわらかいコンシーラー…目元やハイライトなど繊細な目的におすすめ
スティックタイプのしっかりしたコンシーラー…しっかり隠したいとき

●色はあっていますか?
明るすぎる色はNG!白浮してしまいます。
ファンデよりも少しだけ暗い色がおすすめです!



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

次は、コンシーラーを使用するときの3つのコツを伝授します☆

@使用の順番

パウダーのファンデの方…ファンデの前に
リキッドタイプのファンデの方…ファンデの後に
使用してください。


A綿棒で隠す部分の周りをなじませる

隠したい部分よりも少々広めの部分にコンシーラーを塗り、
優しく指で押さえます。これによりコンシーラーが密着します。
その広めに塗った部分を綿棒で周囲となじませることで、自然になります。


Bフェイスパウダー

スティックタイプのコンシーラーを塗ったあとは、フェイスパウダーで優しく押させてください。
こうすることでサラサラになり、その上からファンデを重ねても
コンシーラーがよれることがありません。


一度ためしてみてくださいね♪

☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・シミのある場所にとって効く食材が違う?!食材でシミを解消しましょう?

・精製水美容法☆

・ニベア美容法☆

・声を若返らせる方法!

・目の白目も老化する?!

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 23:12| Comment(0) | メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速攻腰やせエクササイズ☆

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

秋は食べ物がおいしくて食べ過ぎちゃいますね。
また、少し歳を召した女性たちは、腰回りのお肉に頭を悩ませているのではないでしょうか。

いろんな腰回りのダイエット法があると思いますが、
今回ご紹介する方法は、本当に簡単です!

さて、その前になぜ、歳をとると腰回りにお肉がついてしまうのは
なぜなんでしょうか、確認してみましょう。


@骨盤のゆがみと冷え

長年の姿勢の癖が骨盤のゆがみを引き起こしてきます。
それが原因で内臓の場所が下がってしまい、
下半身を重点的にお肉がたっぷりついてしまうのです。
また、お腹の冷え…これが子宮まで冷やしてしまい、
体内で「子宮を守れ」との指令がでて、脂肪がつく。
そういうことなんですね。

足を組む、バックを常に同じ側にかけるはもうしません!
そして、腹巻したほうがよさそうですね。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

A女性ホルモンの減少

エストロゲンという女性ホルモンが女性らしい体をつくってくれることは
以前もお話しましたね。
そのエストロゲンが減少することで、女性らしいくびれもできにくくなります。


■簡単腰回りダイエット!8の字ひねり☆

・肩幅に足を開き、お尻とお腹に力をいれましょう

・腰を左前にだし、8の字を描くように動かします。

・8回1セット、1日8セット!

簡単なこの運動で、速攻で-3cm効果があるとも言われています。

気づいたときにレッツ、トライ!!ですよ!


【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 23:02| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生理の時も快適にすごすために♪

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

以前の記事にもありましたが女性にとっては憂鬱な生理の時期。
快適に過ごしたいですね。

今回は、痛みのほかの悩みについて考えてみましょう。

やはり、ムレや臭い、気になる女性が多いようです。


■トラブルの原因

紙のナプキンを使っている方、多いですよね。

デリケートな部分の角質層は非常に刺激が弱くて薄いのです。
薄いまぶたの角質層が8枚なのに対し、デリケートな部分の角質層は6枚。。

そこに何日も紙ナプキンをあてているので、湿度も温度も上昇し
ムレた状況が続きます。

そうやってムレてふやけるとバリア機能が低下し、
摩擦や刺激や経血で、かゆみなどのトラブルが発生しやすくなるのです。

経血は、栄養が豊富ということで細菌も繁殖しやすいので
臭いの原因にも。。

本当にデリケートな部分なんですね。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

■さらに状況を悪化させるNGな行動

どうやら、同じ体勢、デリケートな部分をギュッと密閉してしまうような
状況はさらに状態を悪化させるようです。

・きつい下着

・ストッキングやタイツ

・スキニーパンツ

・座りっぱなしのデスクワーク

・ナプキンを交換する回数が少ない


■ムレを最小限に抑えるには!

・スカート

・2〜3時間に一度、ナプキンの交換を

・タンポンの使用

・布ナプキンで通気性をよく

・赤ちゃんようのお尻ふきなどで、経血をふき取り清潔にする



ちょっとした心がけで、状況は改善できるかもしれません。
快適になりた〜〜〜い!がんばりましょう。


【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 22:56| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。