2013年12月08日

顔が疲れて見えるときの、速攻解消法☆

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡


目の下のクマについての記事は以前にも書いた気がするのですが
夕方になると、顔色が悪かったりクマが目だってきたり。

見た目に疲れているなぁと感じますよね。

お風呂にはいったりして血行やリンパを流すと
巡りが良くなって顔色もよくなりますが、出先ではできませんよね。

今回は、出先でもできる簡単疲れ顔解消テクニックを紹介します!



●全ては巡りが悪いのが原因


朝は普通だったのに夕方は…という状態ならば、
ほぼ間違いなく「巡り」が悪くなっているのが原因!

疲れや冷えが血液やリンパの流れを滞らせてしまっているのです。

その巡りが悪いと栄養や酸素までも、肌に送ることができなくなってしまい
必然的に顔色が悪くなったり、クマが目だってきたりするんですね…

放置するとターンオーバーまでできなくなってしまうという、
実は恐ろしい状態なのです。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

●鎖骨のリンパを押すだけ!


鎖骨の始まり部分(体の内側)のくぼみの下に人差指・中指・薬指の両手指3本を当て、
そのまま鎖骨にそって脇の下の方に動かしていきます。

このとき、リンパを流すようなイメージをしながらやるとなお良いです。

鎖骨にあるリンパ節は、体中に存在するリンパ節の中でもとっても重要な箇所です。

ここのリンパが流れることで、本当に顔色がよくなりますよ。

気づいたときにやってみてください。



●眉下をマッサージするだけ


お次はクマ!

目頭の下、目の骨のふちに指を軽く押し当て、すぐに放します。そのマッサージを目尻の下まで繰り返していきます。
痛気持ちよくないですか?

目の疲れがとれ、目がすっきりすると思います。


さて、自分の疲れ顔に気づいたときの即効マッサージで
巡りの悪くなる冬も明るい肌を貫きましょう!



☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・コスパ◎安いシートマスクで最大限に効果を引き出す5つのポイント!

・朝から快適な1日の始まりを!朝の目覚めをよくする方法?

・【後篇5-8】今日から変われる!凛と輝く女性になるための八ケ条♪

・リピートしたくなるヘアサロンと美容師の選びかた!

・就寝前に飲みたいホットミルクとその効果♪

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 20:54| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メイクで“透明感”を味方につける方法♪

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡


「透明感」

あこがれますよね。

肌がきれいで透明感のある女性は、若々しくみえますし非常に魅力的です。
特に、代表的な女性は「小雪」さん。
瑞々しくて、女性の色気も肌から香ってくるようです。


さて、この透明感、実はメイクでプラスすることができるんです。
是非日常から透明感あふれる肌を満喫しましょう☆




●ファンデーションは中心のみ


トラブルやくすみを隠そうとして、顔の隅から隅までファンデーションを塗ってしまうと
逆に「透明感」から遠ざかってしまうことに。

また、リキッドファンデーションの方がツヤがでます。

中心の部分だけ塗り、顔のフェイスラインはしっかり塗らずに
残ったファンデをなじませるくらいにしましょう。

塗り方を変えることで、自然に素肌のような印象が出ます。

また、フェイスラインの色がうっすら残ることで顔に自然な陰影ができ、
小顔効果も生まれるそうです!


続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

●ハイライトを活用する


・Tゾーンとあご、頬の高いところから目の横

ハイライトをいれる基本の部分です。しかしこの部分はハイライトを入れすぎると
けばくなってしまう危険性あり!適度にいれましょう


・目の下の三角部分

しっかりハイライトを入れることで頬が高く見え、肌にハリがあるように見えます。
細かいパール感のあるものがおすすめ☆



●アイシャドーはキラキラベージュ


透明感はナチュラル感が大事です!

素肌に近い色のベージュがおすすめです。

細かいパールの入ったアイシャドウをアイホールにのばし、目元全体にツヤ感をプラス。

さらに黒目の上には、ワントーン明るめのカラーの色をちょこんと置いてみてください。

目に立体感とツヤが増します。

マスカラはあまりごってりさせず、適度なアイライン、そして薄付のピンクのチークを
ふんわりのせてください。



明日からチャレンジしてくださいね☆


☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・保湿&アロマで女子力UP♪ハンドクリームの選びかた&塗りかた♪

・【前篇】今日から変われる!凛と輝く女性になるための八ケ条☆

・ダイエット中は気を付けて!太りやすい飲みもの5つ

・食欲コントロールで成功させるダイエットの秘訣とは???

・男性受けが悪い女性のカン違いしがちなメイク4大要素!


それではまた次回♪


【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 20:46| Comment(0) | メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太もものむくみ解消法☆

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡


足のむくみ気になりませんか?

特に、太もものむくみ!
ふくらはぎなどのむくみで、あまり気にしていないかもしれませんが、
太もももむくみます!

そのむくみを放っておくと、それがセルライトとなり
ますますパンパンな太ももになってしまうことも!



こまめにむくみを取り除いてあげることが必要なんです!


今回は、そのむくみ取りの方法を紹介します☆



○股関節のストレッチをする


なんと、股関節が固い人はむくみやすいといわれているそうです。
血流やリンパが流れにくくなり、老廃物も溜まってしまい…
冷え性にも繋がってしまいます。
これからの時期、辛いですね。
オフィスの休憩時間には、開脚しつま先に手を伸ばすようなストレッチや
寝る前には、胡坐をかき座って、足の裏をくっつけて股関節を伸ばすようなストレッチを
取り入れてみましょう!


続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

○股関節をぐるぐる回すストレッチ


壁に手をついて、ひざを内側〜外側に円を大きく描くようにぐるぐる回します。
ゆっくり無理なくやりましょう。
足の付け根(そけい部)の流れがスムーズになって、水分も流れむくみ解消に☆
慣れてきたら回数を増やし、10回1セットを朝昼晩とやれればベストです。



○足の付け根(そけい部)をさするマッサージ


昔はやった、体の側面をさするダイエット、あれはリンパを流すためのものです。
足のリンパの重要な部分である、そけい部を気づいたときにさすってあげましょう。
溜まったリンパが流れ、足が楽になりますよ♪



あとは、お風呂にはいってマッサージなども効果的です!

足に溜めずに、スッキリ足を目指しましょう!!


【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 11:21| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目が小さく見える原因は?!

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

肩がこる、腰がこる…
のと同じようにおでこもこる…ということが明らかになりました!

おでこをマッサージしてみてください、痛くないですか?
痛い方は、おでこがこっているということです!

この状態だと、たるみが起こり、それが目の上にのっかり
まぶたが重くなって目が小さくなってしまうのだそうです!

私、最近右目だけがまぶたが重いんですが、この状態のような気がしてきました…

さて、では実際にマッサージしてみましょう!
マッサージの仕方はこちら☆↓↓↓



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

(1)両てのひらの親指の付け根にあるふっくらとした部分を使います。
   その部分で、円を描くようにおでこを揉みほぐします。


(2)人差し指をカギ型にし、第二間接部分を使い
   眉頭からまゆじり髪の生え際に向かって、
   円を描きながらクルクルと動かします。
   眉尻、こめかみ辺りまでマッサージをしたら、反対側も同様に行う。

   最初におでこの真ん中辺りを通ってこめかみまで円を描き、
   次は、こめかみからおでこの真ん中を通るような円を描く、というイメージですかね。


(3)おでこの皮膚を縦につまみながらほぐす。横にしわがえきないように!
   次に右手でこめかみを押さえ、おでこを左手で引き上げます。
   反対側も同様に☆

眼精疲労などで、コリも溜まってしまようなので、
気づいたときにマッサージして、若々しいおでこと大きな目をキープしましょう!!!


【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 11:04| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。