2014年01月02日

髪のヤケドにご注意!

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

髪がヤケドしている…
そんな可能性があることを知っていますか?

髪のパサつきや乾燥を、
冬のせいにしている方ももしかしたら
それは髪のヤケドのせいかもしれません。。。

今回はその「髪のヤケド」について詳しくご説明します!

毎日のお風呂のあと、ドライヤーやアイロンなどで
髪に熱を加えていますよね、これがヤケドの原因になるのです。

健康毛であれば、約70度までの熱に耐えられるのですが、
ダメージ毛は60度の熱が耐えられる限界なのだそうです。

あなたのお使いのドライヤーの温度は何度ですか?
まさか120度なんてことも…今すぐチェックしたほうがよいかもしれませんね!



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

このようにドライヤーで毎日髪に熱を加えると
髪の表面が溶けて、ハリ・コシのない髪に。

ゴワゴワした硬いくせ毛のような状態になってしまうこともあるそうです。

髪は熱さを感じないので、知らず知らずの間に状態は悪化しているかもしれないのです…
怖いですね。

■ヤケドを防ぐ方法

1.洗髪後、タオルドライを念入りに。

2.ドライヤーで頭皮が熱さを感じたら、髪からドライヤーを離してください!

3.根元から乾かす
そのあと毛先を乾かしましょう

4.8割ほど乾いたと感じたら、冷風に切り替えましょう


毎日のケアが美髪への道!気を付けてドライヤーしましょうね


【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 18:41| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾燥に負けない肌をつくる食べ物とは?!

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

冬の乾燥も本格化してきましたね。
私のオフィスも乾燥して、夕方にはお肌が…
乾燥するとメイクのりがわるくなったり、しわが目立ったり、
悪いことだらけ。

そんなお肌の乾燥対策に効果がある食べ物があるらしいのです。

それは「アボカド」!

女性はみんな大好きな食べ物ですね。
美容に効果があると噂に聞いてはいたのですが、
乾燥にも効果があるそうです。

摂取する量は一日にアボカド半分で充分!


今回はそのアボカドの秘密をご紹介します。


■セラミドを作って、うるおいのあるお肌に

角質層で肌のうるおいを保持してくれるのがセラミドだといわれています。
外部の刺激からバリアのように肌を守る作用もあります。

このセラミドは加齢や新陳代謝の乱れで減少していきます。
セラミドが減少すると、肌のうるおいが保持できなくなり、乾燥してしまいます。

アボカドには「リノール酸」という成分が含まれています。
この「リノール酸」という成分が、
セラミドを生成してくれるのです!



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

■セラミドの減少も防ぐ

セラミドを減少させる新陳代謝の乱れの原因は、
たとえば冷え・睡眠不足・ストレスなどがあげられます。
冬の時期は乱れがちだということですね。
アボカドに含まれる「ビタミンE」は、この新陳代謝を促す作用があります。
ですので、おおもとのセラミドの減少を防ぐことができます。


■皮脂の分泌を正常にする

肌のうるおいを保持するには皮脂の正常な分泌も重要です。
肌の表面に皮脂で膜をはることで水分の蒸発を防いでいるのです。

新陳代謝の乱れは、この皮脂の分泌の働きも乱します。
アボカドに含まれる「ビタミンE」で、皮脂の分泌も正常にしてくれます。
また、抗酸化作用もありますので、さらなる美容効果にも期待できますね♪

毎日、アボカド半分!これなら頑張れそうです!!

☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・香りを恋の味方につける!香水とシャンプーのマル秘テクニック☆

・メイクに使う○○実はばい菌だらけだった?!正しいケアの秘訣とは!

・保湿&アロマで女子力UP!ハンドクリームの選びかた&塗りかた♪

・【前篇】今日から変われる!凛と輝く女性になるための八ケ条?

・ダイエット中は気を付けて!太りやすい飲みもの5つ

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 18:36| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸能人に負けない小顔になる!小顔マッサージ法♪

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

寒くなると、一段とたるみやむくみが顔にでてしまい
顔が大きいと感じる一も多いのではないでしょうか。

そんな時におすすめしたいのがこのマッサージです!

第二間接から人差し指を曲げた“鍵指”、これを使った簡単マッサージで
あっという間に小顔になれちゃうというのです!

今回紹介するのは、6箇所のマッサージ☆
お手軽にできるので、是非試してみてください。


@おでこ
左右の眉頭に鍵指をおき、生え際に向かって上方向にクルクルと
丸をえがくようにマッサージ。横にスライドさせていき、おでこ全体をマッサージsてください。
以前紹介した、おでこの凝りが解消されると思います!


A眉・目
左右の眉頭の少し上に鍵指をセットし、眉尻へ向かって横にクルクルとマッサージしていきます。
次に、鍵指は、先ほどの眉頭の少し下の位置へセット。
そして先ほどと同じように眉尻に向かってクルクルとマッサージします。
最後にまぶたのくぼみに鍵指を当てて、グッと押してあげます。
なんだか目がスッキリすると思いますよ☆



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

B頬
小鼻の横からこめかみまで、
また頬骨の上部(目の下)も同じく、こめかみまで
鍵指を横に滑らせ、マッサージします。


Cマリオネットライン
マリオネットラインとは、口の横から下に顎まで伸びる縦のシワのこと。
マリオネット(操り人形)の口元のようにみえるので、マリオネットラインと呼ばれるそうです。
口角あたりから耳の下に向けて、鍵指で5回ほどさすりあげます。


Dフェイスライン
あごの下に鍵指をセットし、耳の下のくぼみまで少し力をいれる感じで
刺激していきます。
次に、耳の下から鎖骨につながる筋肉を意識して、
人差し指と中指、2本の鍵指で挟み、下に向かい10回くらいさすります。


E鎖骨
こちらも人差し指と中指、2本の鍵指で鎖骨を挟んで
外側に向かって10回くらいさすります。


クリームや美容液をつけて、朝晩にとりいれるだけで、
コリやむくみがとれて、びっくりするくらい小顔になるかもですよ!!

☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・シミのある場所にとって効く食材が違う?!食材でシミを解消しましょう?

・精製水美容法☆

・ニベア美容法☆

・声を若返らせる方法!

・目の白目も老化する?!


それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 18:30| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬になると…恥ずかしい赤ら顔撃退法☆

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

寒くなってくると、頬や鼻が赤くなったりして、とっても恥ずかしい思いを
したことはありませんか?

でもこの季節、そんな一時的な赤ら顔ではなくて、
一日中顔が赤くなってしまって悩んでいる女性が、意外に多いようなのです。

それは何故なのでしょうか?

その原因と改善方法について今回は考えてみましょう♪


■赤ら顔の原因

一日中顔が赤くなってしまうのは「血流」の問題だといわれています。
顔が赤い=血液の赤が皮膚を通して見えるからなのだそうです。
また、敏感肌やアトピーの方が、肌のバリア機能が低下して
肌がダメージを受けているということも考えられます。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

■改善法☆


皮膚が弱い方が赤ら顔になりやすいようで、これは何らかの炎症と
同じなのだそうです。

洗顔の時のゴシゴシ洗い・ピーリングやマッサージのし過ぎなどは絶対にNG!
やさしく泡立てた泡でやさしく洗う洗顔法で、刺激を与えないようにしてください。


また、食べ物としては、「ビタミンK」!!!

体の血流をよくする働きがあるので、ビタミンKを摂取しましょう。

納豆・海藻・ホウレンソウなどがビタミンKを多く含む食材なので
是非、積極的に摂取するようにしてください。


日々の生活から気をつけて、今年は赤ら顔ともさようならしましょうね♪

☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・今日から試せる!家で簡単にできるバストアップに効果のあるツボ☆

・1日崩れないベースメイクをつくる6つのテクニック♪

・生理周期を把握して上手に美肌になる方法☆

・足先から清潔に!靴と足のニオイを徹底ブロックする秘訣!

・目も日焼け対策が必要?似合うサングラスの選びかた☆

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 18:26| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。