2013年05月01日

1日崩れないベースメイクをつくる6つのテクニック♡

【 スポンサード リンク 】




こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡


なかなかお化粧直しができずに
化粧崩れが気になる・・・

ってことありますよね。


ベースメイクの方法を変えるだけで
化粧崩れをしにくくすることもできます♡

今回は1日崩れないベースメイクのテクニックを
6つご紹介します。

参考にしてみてくださいね♡



@ うぶ毛処理をしておく
しっかりうぶ毛は剃っておきましょう♡
肌がなめらかになるためファンデーションが均等に伸びやすく綺麗に仕上がります。
またうぶ毛をしっかりと剃るだけで顔全体のトーンが一段明るくなりますよ♡
うぶ毛は鼻を中心に放射線状に生えているので毛の流れに沿って剃りましょう。


A 化粧水をしっかり肌に浸透させておく
肌が乾燥しないようしっかり化粧水で潤いを与えておきましょう♡
毛穴の奥まで浸透するようたっぷりの量をパッテングしないがらつけましょう。
化粧水をつけたあと肌の表面が乾くまで少し待つと潤いが浸透するのでおすすめです。


B 乳液・日焼け止め+ティッシュオフ
乳液や日焼け止めを塗ることで肌をなめらかにすることができるので、
ファンデーションの伸びがよくなりますよ♡
乳液や日焼け止めのうるおい成分が
ファンデーションと混じるとヨレや崩れの原因になるため、
塗った後軽くティッシュオフするのがポイント。




つづきは後半で♡


【 スポンサード リンク 】



↓↓↓↓↓↓↓↓
ここから本文


C 肌に合った化粧下地をつける
自分にあった化粧下地を使用しましょう♡

・クリームタイプ
保湿力が高く肌なじみがいいので肌が乾燥しがちの人におすすめ♡

・ミルキータイプ
伸びもよく軽い質感でべたつきが気になる人におすすめ♡

・ジェルタイプ
さっぱりした質感で肌を引き締めてハリと透明感のある肌にしたい人におすすめ♡

・フォームタイプ
夏場や体温が高めの人におすすめ♡
皮脂の分泌を抑えてキメを整えて化粧崩れを防いでくれます。


色付きの化粧下地を使用する場合は
自分の肌よりもワントーン明るい色つきを選ぶのが◎
顔全体にたっぷり使用し毛穴部分は埋めるようにたたき込むのがポイント。


D リキッドファンデとコンシーラで肌をキレイにみせる
シミやクマの気になる部分は
ファンデーションの前にコンシーラでカバーしましょう♡
リキッドファンデーションを顔全体に均等に伸ばします。
ハケを使って塗るとムラなく滑らかに広がるのでキメの細かい肌に仕上がります。

ムラになった部分や崩れがちな部分は塗った後に
スポンジで軽くオフすると綺麗に仕上がります。


E パウダーはたっぷり使う
ファンデーションのあと、必ずパウダーを使用しましょう。
化粧の持ちが全然違います。
パウダーはパフにたっぷりつけて顔全体に覆うようにつけましょう。
もったいないからといって量が少ないと意味がありません。
パウダーで肌を包み込むことで綺麗なメイクが長持ちします。


お化粧に汗は天敵なので、
お化粧をしているときには
汗をかかないように首の後ろを冷やすのも効果的です♡

試してみてくださいね♡


お化粧直しに手軽で万能なテクニックは↓
・ メイク直しに万能なティッシュの使い方♡


そのほか人気記事はこの下♡
↓↓↓↓


【 スポンサード リンク 】




♡ そのほか、人気記事 ♡
↓↓↓↓

・男性受けが悪い女性のカン違いしがちなメイク4大要素!

・メイクに使う○○実はばい菌だらけだった?!正しいケアの秘訣とは!

・リピートしたくなるヘアサロンと美容師の選びかた♡

・失敗しない!似合うイヤリング・ピアスの選びかた♡


♡ それではまた次回 ♡

 
posted by @LoveBeautyJp at 19:27| Comment(0) | メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。