2013年12月31日

間違ったコンシーラーの使い方☆

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

今回はコンシーラーの話です。
シミやニキビ跡、クマなど隠す際に、私もとってもお世話になります。
ベースを厚く塗っても、ファンデをたくさん塗っても
きれいに隠せないときは、このコンシーラーにお任せ!

でも、メイクがよれてしまったり、色のムラができてしまったり。
そんなことになってしまう方は、コンシーラーの使い方を間違っているんだそうです。

使いこなしたい!そんな方は以下の項目を要チェックです☆


●コンシーラーの目的と用途はあっていますか?
筆ペンタイプのやわらかいコンシーラー…目元やハイライトなど繊細な目的におすすめ
スティックタイプのしっかりしたコンシーラー…しっかり隠したいとき

●色はあっていますか?
明るすぎる色はNG!白浮してしまいます。
ファンデよりも少しだけ暗い色がおすすめです!



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

次は、コンシーラーを使用するときの3つのコツを伝授します☆

@使用の順番

パウダーのファンデの方…ファンデの前に
リキッドタイプのファンデの方…ファンデの後に
使用してください。


A綿棒で隠す部分の周りをなじませる

隠したい部分よりも少々広めの部分にコンシーラーを塗り、
優しく指で押さえます。これによりコンシーラーが密着します。
その広めに塗った部分を綿棒で周囲となじませることで、自然になります。


Bフェイスパウダー

スティックタイプのコンシーラーを塗ったあとは、フェイスパウダーで優しく押させてください。
こうすることでサラサラになり、その上からファンデを重ねても
コンシーラーがよれることがありません。


一度ためしてみてくださいね♪

☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・シミのある場所にとって効く食材が違う?!食材でシミを解消しましょう?

・精製水美容法☆

・ニベア美容法☆

・声を若返らせる方法!

・目の白目も老化する?!

それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 23:12| Comment(0) | メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。