2014年01月03日

子宮力をアップするために★

【 スポンサード リンク 】



こんにちは「Love Beauty!」管理人です♡

女性にとって大切な子宮。
毎月ある生理は、人生で400〜500回くらいあるといわれています。

しかし、昔の時代女性は子だくさんだったので、生理がない期間もたくさんあったと考えられますが
現代女性は、少子化・未婚などで生理がずっと毎月来るので、
昔の時代の女性よりも何倍も回数が多いのですって。

つまり現代女性の子宮は、昔よりも休む暇がなく過酷な状況であると言えます。
ですのでトラブルが多くもなるのです。


頑張っている子宮に元気でいてもらうために
子宮にマイナスな習慣を紹介します。

やっていませんか?こんなこと…

1.冷たいもの&甘いもの
サラサラ血液がうまく流れていることが子宮の健康によいことです!
冷たい&甘いもの摂りすぎていませんか?
冷たいものは体を冷やし、血流を悪くしてしまいます。
また、甘いもの(特に白い砂糖を使っているもの)も体を冷やすといわれ、
子宮にはよくありません。

2.スキニーデニム
窮屈なシルエットのデニムなどは
下半身を締め付け血行を悪くします。
長時間履く場合は、ゆるいシルエットのもののほうが
子宮にも負担をかけません。



続きは後半で♪


【 スポンサード リンク 】



後半はこちら♪

3.足をくんで座り仕事をしている
同じ体勢でデスクワークを一日中している人は血流が悪くなってしまいます。
プラス…足を組んでしまっている人はさらに増して
骨盤までゆがめてしまい、こちらも子宮への負担がかかってしまうのです。
足を組まないように心掛けること、
そしてこまめにストレッチなどを行うことが重要です。


4.湯船につからない
ゆっくり湯船につかってリラックスすることは、血流を促し
子宮を温めるので、とっても子宮によいことです。
面倒だからといって、シャワーだけで毎日済ませてしまうのは
せっかくの子宮を労わるチャンスを逃してしまっているということ。
週に何度かは湯船でしっかり子宮を温めてあげましょう。


5.ストレス
心にストレスを抱えていると、体や子宮に負担がかかります。
常に心にゆとりをもった生活が大切です。


ずっと付き合う子宮と仲良く付き合っていくために
生活を見直してみましょう☆

生理不順などがある人も解消されるかもしれませんよ。

☆そのほか、人気記事☆
↓↓↓↓

・シミのある場所にとって効く食材が違う?!食材でシミを解消しましょう?

・精製水美容法☆

・ニベア美容法☆

・声を若返らせる方法!

・目の白目も老化する?!



それではまた次回♪

【 スポンサード リンク 】

posted by @LoveBeautyJp at 11:53| Comment(0) | ライフスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。